ファクタリング契約をスムースに進めるために

明日までに資金を調達しないといけない! でも、銀行からの融資は断られ、ビジネスローンもだめだった…なんていう危機的状況。こんなとき、最後に考えるのがファクタリングなのではないでしょうか。だからこそ、事前の準備を怠ってはいけないのです。準備をしておけば契約までの流れをスムースに進めることもでき、一刻も早い資金化が可能になります。さらに、知っておかなければいけないのは、ファクタリングは万能ではないということ。例えば、B to Bの取引にしか使えない、基本的に個人事業主は使えないなど制限もあります。その場合は時間の無駄ということになりかねません。

緊急時だからこそ、ぜひこれを読んで事前の準備を、もしファクタリングに該当しないケースの場合はほかの手段を模索してください。

申込む前に

まず、ファクタリングを申込むにはどのファクタリング会社に申込むのか、会社を選択しなければなりません。ビジネスローンなどに申込む場合、複数の会社に申込むことが可能です。しかし、ファクタリングの場合は融資ではなく売掛債権の売買ですので、複数の会社に売るわけにはいきません。1社に絞る必要があります。(もちろん、手数料など条件面でどうしても折り合いが付かない場合は、その会社を断って別の会社に申込むことはできます)

そのためにはどの会社に申込むのか、ホームページなどを参考にして吟味してみてください。

弊社に関する詳しいことはこちらをご覧ください。

 

自社の状況を今一度整理しましょう

申し込みをすると、ヒアリングが始まります。主に聞かれることは会社の現状と売掛債権についてです。難しい質問ではありません。ただ、気が焦っているとなかなかスムースに答えられないものです。そこで、申込む前に質問に対して準備しておくといいのです。ではどのような質問があるのでしょうか?

  • いつまでにいくら必要なのか?
  • 何のための資金なのか?
  • 売掛金はどこからいついくら入ってくるのか?
  • 資金繰り状況は?
  • 売掛先に通知をするかどうか
  • 借入はいくらあるのか?

最低限これくらいはスラスラ答えられるようにしておきましょう。そして何より大切なのは、正直に答えること。中には、少しでも良く思われようと虚偽の申告をしてしまう人がいるそうです。しかし、こんなところで嘘を言っても仕方ありません。ヒアリングするのはプロです。資金繰りに困っていることは承知の上で質問しているのです。

事前に準備しておきたい書類についてはこちら

 

ヒアリング時に確認すべきこと

ヒアリングでは基本的に自社の状況を説明することに終始すると思います。とはいえ、何か疑問に感じたことなど聞きたいことはすべて聞いておきましょう。あとになって話が違うということがないように。おそらくいちばん気になるのは手数料や掛け目でしょう。これは基本的に審査をしなければファクタリング会社も明言することはできません。ただ、おおよその目安くらいは分かるはずです。

 

その後の流れ

ヒアリングと仮審査が終わると書類をして面談となります。この場合、基本的にはファクタリング会社へ行かなければなりません。面談後、本審査を経て契約となります。このときもすべて正直に話すことが大切です。書類に虚偽の記載があることはもってのほかです。書類に虚偽記載がありトラブルになった場合、詐欺罪などで訴えられこともあるのです。

ファクタリング会社の担当者は基本的に審査内容を吟味して買取るか否かを決定します。当然、プロの目でシビアに審査します。しかし、最終的には人となりと見て決めるといっても過言ではありません。

面談のときには、思い切って資金繰りについて相談しましょう。ヒアリング時よりもこと細かく現在の状況を説明するのですから。もし先々にも不安があるようならそのこともまとめて相談するのがベストです。

というのは、「この危機を乗り切れば正常に戻る」というケースならばいいのですが、何ヶ月か先に入る予定の売掛金を先に資金化してしまうのです。つまり、ファクタリングした何ヶ月か先の入金はなくなるということです。そこで再び資金繰りができなくなっては元もこうもありません。資金調達の一番の目的は資金繰りの正常化ですから、そのための方策を考えつつファクタリングを利用しなければいけないのです。先々のことも含めて相談をするのがベストなのです。

 

できれば時間的余裕をもって申し込みましょう

ファクタリングを最後の手段としてとらえている人が多いせいか、最速で即日資金化が可能だからといってギリギリで申込むというケースが少なくありません。もちろん、ギリギリだからといって審査にはさほど影響を与えません。ただ、資金が必要なその日に申込むのと2〜3日でも前に申込むのとではやはり違います。

ご存知の方も多いと思いますが、ファクタリングの一番のネックは手数料の高さにあります。手数料が高い理由は、ファクタリング会社がファクタリングを行うにあたってのリスクの高さにあります。買い取った債権の売掛先が破綻する場合があります。ノンリコースの2社間ファクタリングの場合、損失を被るのはファクタリング会社なのです。そんなリスクに応じて手数料が変わるということです。

ファクタリング会社は「今日資金が必要だ」といわれれば、今日中に売掛債権を買い取るための努力をしてくれます。審査なども最短時間でやってくれるでしょう。ただ、時間をかけて審査をする場合と最短時間で審査をするのとではリスクの度合いが違います。

初回取引の場合は手数料に差はないかもしれませんが、2度め以降の取引の際に手数料が変わってくる可能性があるのです。

先々まで考えるならば、少しでも早めにファクタリングの申し込みをすることをオススメします。

 

ページトップへ