ファクタリングのメリットとデメリット

メリット

デメリット

 

メリットその1・資金化が早い

銀行融資を申し込むと、審査に1ヶ月〜2ヶ月かかります。実際に会社経営をしていると、いつもそれだけの時間的余裕のあるとは限りません。例えば、本来ならば来週に支払われるはずだったものが、何らかの理由で支払いが急遽1ヶ月延びるなんていうこともありえます。そんな時に便利なのがファクタリングです。弊社では最速で売掛債権の即日買取りということも可能です

 

メリットその2・売掛先が倒産しても支払い義務が発生しない

現在一般的なファクタリングは償還請求権のない(ノンリコース)ファクタリングです。償還請求権がないということは、たとえ売掛先が倒産などによって売掛金を支払えなくなっても代わりに支払う義務を負わないということです。つまり、リスクを負うことなく資金調達が出来るということです。回収リスクは弊社が負います。

 

メリットその3・大口の資金調達も可能

ファクタリングは融資ではありませんので、資金化出来る金額は売掛債権の金額と売掛先の審査によって決まります。それゆえ、売掛債権の金額が多く、さらに売掛先の信用が高ければ、それだけ多くの金額を資金化することが可能です。弊社では最大1億円までのニーズにお応えすることが出来ます

 

メリットその4・キャッシュフローの改善

売掛金などの資産がいくらあっても現金がなければ企業が活動を続けていくことは出来ません。いわゆる黒字倒産はキャッシュフローがうまくいかないために起こってしまう現象なのです。ファクタリングを活用して資金を調達することによって、企業の命運を左右し兼ねないキャッシュフローを改善することが出来ます。

 

メリットその5・貸借対照表(バランスシート)に影響しない

ファクタリングは融資でありません。売掛債権という資産の売却になります。つまり負債ではないということです。それゆえ貸借対照表(バランスシート)には影響しないのです。言うまでもなく貸借対照表(バランスシート)は会社の評価に関わる重要なものです。出来ることなら貸借対照表(バランスシート)上の負債を増やすことなく資金調達したいものです。そんな時に有効なのがファクタリングなのです。

 

メリットその6・信用情報には影響しない

ファクタリングは融資とは違うため、審査の基準も対象も違います。審査するのは売掛先の信用、業績、そして債権の存在です。ゆえに、融資のような与信調査や信用調査はしません。信用情報へのアクセスもないので、信用情報への影響はまったくありません。

 

メリットその7・赤字決算でも債務超過でもリスケ中でも利用可能

企業が赤字であったり、債務超過に陥っていたり、リスケ中だと融資はほぼ望めないと言っていいでしょう。しかし、ファクタリングの場合は違います。それはファクタリングが融資ではなく、ファクタリング会社(弊社)が売掛債権を完全に買い取ることによって資金を調達するものだからです。なので、赤字であったり、債務超過であっても、リスケ中であってもファクタリングは売掛債権が存在していれば利用出来るのです。

 

デメリットその1・手数料が高い

一般的にファクタリングは手数料が割高だと言われています。銀行融資の利息と比べれば確かに手数料の方が高くつく場合が多いようです。なぜなら、手数料はファクタリング会社が負うリスクの高さに比例しているからです。ファクタリング会社が負うリスクを簡単に挙げると、売掛先の倒産などによる売掛債権の回収リスク、利用会社が売掛先から支払われた売掛金を使ってしまうリスクなどです。例えば3社間ファクタリングを活用するなど、それらのリスクをなくすことによって手数料を抑えることは可能です

 

デメリットその2・分割にはできない

融資の場合、ほとんどの場合分割での返済になります。しかし、ファクタリングは融資ではなく売掛債権の買取なので、売掛金が売掛先から支払われたら全額ファクタリング会社に支払う必要があります。そもそもファクタリングには返済という行為は存在しないので、必然的に分割返済という概念も存在しないのです。

 

デメリットその3・入金の前倒しのため、本来の入金サイクルに戻し辛い

ファクタリングは数ヶ月先に入金されるものを前もって資金化するので、本来入金される時期には入金がない、もしくは少なくなっているということになります。慢性的に資金不足に陥っているような場合、再び資金が不足する可能性があります。ファクタリングがもっとも有効なのは、短期的、単発的な資金不足の状況なのです。今だけしのげれば、数ヶ月先の入金が減っても経営に支障がないという状況なのです。

とはいえ、慢性的な資金不足なのだけれどファクタリングを利用するしかないという場合もあります。そんな時は長期的な計画を立ててファクタリングを活用する必要が出て来るでしょう。弊社では財務コンサルタントも行っていますので、お気軽にご相談ください。

売掛債権流動化

流動化とは、本来流動性が乏しい資産を資金化して流動性を与えることです。売掛債権は「流動資産」に当たりますが、実態は決済期日まで債権を保有しておくことが通常です。そのため、期日前でも資金調達などに活用できるよう、流動化の対象としているのです。

つまり、売掛債権流動化は、決済期日前に債権を譲渡もしくは担保にして資金調達をすることを指します。

売掛債権流動化には、主に「売掛債権証券化」、「ファクタリング」、「売掛債権担保融資」の3つの方法があります。

「売掛債権証券化」とは売掛債権をSPVという特定目的法人に譲渡し、資金を受け取るものです。SPVは買い取った売掛債権を証券化して投資家に発行します。

「ファクタリング」はファクターと呼ばれるファクタリング会社に売掛債権を譲渡して資金を受け取ります。債権の回収はファクタリング会社自身が行います。

「売掛債権担保融資」は売掛債権を譲渡するのではなく、あくまでも担保として融資を受けることです。当然、返済しなければなりません。売掛債権は債務不履行時に限って譲渡担保されます。

合わせてこちらの経済産業省の資料もご参照ください。
http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/ji04_07_13.pdf

債権譲渡とは

債権譲渡は債権の内容を変えることなく、債権者がその債権を他者に移転させることです。ファクタリングは売掛債権の売買ですので、当然売掛債権が譲渡されることになります。

ただし、ときに売掛先との契約書に債権譲渡禁止が明記されている場合があります。その場合は債権を他者に移転させることはできない(民法466条に規程)ので、ファクタリングは利用できないということになります。ファクタリングを利用する場合は売掛先に債権譲渡禁止を解除してもらう必要があります。

似たようなものに譲渡担保というものがあります。こちらは融資を受けるために動産や債権を担保とすることです。

譲渡担保融資

経済産業省や金融庁などもこの制度の普及を進めています。

動産・債権担保融資(以下、ABLと言います。Asset Based Lendingの頭文字をとったものです。)とは、企業が有する原料・製品などの在庫や機械設備類(動産)、又は、売掛金(債権)等の流動資産を担保にした融資手法のことです。

また、中小企業庁のページでも日本政策金融公庫を財源とした融資制度として紹介されています。

在庫や売掛債権を担保とする融資・保証について(中小企業庁のサイトへ)

2社間取引とは

[売掛金買取]によるファクタリング契約、実行に際し、売掛先には通知せずお客様からの申し出により売掛金を買取、売掛先から本来の支払いサイトでお客様に振り込まれたお金を弊社にお支払い頂く取引です。

2者間取引の図

2社間取引のメリットは売掛先に通知しないため、お客様の資金繰りなどの状況を知られる事なく、現状の取引などにも影響しません。
デメリットとしては、ファクタリング契約自体がノンリコースのため弊社としての回収リスクが高く、手数料が3社間取引より割高になることです。

売掛先への通知が可能な場合は、3社間取引により手数料を抑えつつ素早い資金調達が可能になります。

売掛金(売掛債権)とは

売掛金(うりかけきん、accounts receivable)は、掛取引によって商品を販売した場合に代金を受領する権利(債権)をいう。 このような債権を総称して売上債権、あるいは受取勘定と呼び、それらを売掛債権と呼ぶことがある。これら当該債権について手形を保有している場合には受取手形、そうでない場合には売掛金として区別される。 勘定科目としては流動資産に区分される。

ページトップへ