債権譲渡とは

債権譲渡は債権の内容を変えることなく、債権者がその債権を他者に移転させることです。ファクタリングは売掛債権の売買ですので、当然売掛債権が譲渡されることになります。

ただし、ときに売掛先との契約書に債権譲渡禁止が明記されている場合があります。その場合は債権を他者に移転させることはできないので、ファクタリングは利用できないということになります。ファクタリングを利用する場合は売掛先に債権譲渡禁止を解除してもらう必要があります。

似たようなものに譲渡担保というものがあります。こちらは融資を受けるために動産や債権を担保とすることです。

譲渡担保融資

経済産業省や金融庁などもこの制度の普及を進めています。

動産・債権担保融資(以下、ABLと言います。Asset Based Lendingの頭文字をとったものです。)とは、企業が有する原料・製品などの在庫や機械設備類(動産)、又は、売掛金(債権)等の流動資産を担保にした融資手法のことです。

また、中小企業庁のページでも日本政策金融公庫を財源とした融資制度として紹介されています。

在庫や売掛債権を担保とする融資・保証について

2社間取引とは

[売掛金買取]によるファクタリング契約、実行に際し、売掛先には通知せずお客様からの申し出により売掛金を買取、売掛先から本来の支払いサイトでお客様に振り込まれたお金を弊社にお支払い頂く取引です。

2者間取引の図

2社間取引のメリットは売掛先に通知しないため、お客様の資金繰りなどの状況を知られる事なく、現状の取引などにも影響しません。
デメリットとしては、ファクタリング契約自体がノンリコースのため弊社としての回収リスクが高く、手数料が3社間取引より割高になることです。

売掛先への通知が可能な場合は、3社間取引により手数料を抑えつつ素早い資金調達が可能になります。

売掛金(売掛債権)とは

売掛金(うりかけきん、accounts receivable)は、掛取引によって商品を販売した場合に代金を受領する権利(債権)をいう。 このような債権を総称して売上債権、あるいは受取勘定と呼び、それらを売掛債権と呼ぶことがある。これら当該債権について手形を保有している場合には受取手形、そうでない場合には売掛金として区別される。 勘定科目としては流動資産に区分される。

ページトップへ